1日3食の献立のうち、1食を酵素ドリンクだけにする方法で酵素ダイエット中、食べてもOKなものは、くだもの、野菜が挙げられます。海藻も摂っていただいて結構です。発酵食品も大丈夫です。主食がないじゃないかという声がきこえそうですが、穀物も摂ってかまいません。ただし、パンや麺類を摂るよりも、お米を摂ることが大切です。献立のなかに、肉料理や魚料理を取り入れたいときには、なるべく低カロリーに抑えられる調理の仕方を選びましょう。食品のなかには、食品添加物が沢山含まれているものもあります。そういったものは意識して避けるようにしてください。年をとると共に人間の代謝機能は弱まっていくため、代謝量以上に食べている“過食”の状態が続いていることになり、余剰分が脂肪として体内に留まりがちになります。食生活を少し控え、運動を少し増やすぐらいでは、太っていくのに歯止めをかけるのは難しいでしょう。新陳代謝が低くなっていくのは、消化吸収や排出に関わる酵素が加齢で失われてくるからです。酵素を服用し体の中に取り込むのが酵素ダイエットです。若いころのように代謝機能が上がるので、過食状態で蓄積された脂肪に強力に働きかけることができます。実は、短い期間で健康的に痩せる為のメニューも、酵素ダイエットには存在しており、これが週末のプチ断食と酵素ジュースの組み合わせで、結果を出しやすい為、大変人気があります。プチ断食は一日を水分だけで過ごす断食ですが、急な実行は良くないので、週末に向けて徐々に食事を減らしていき、断食実行日は、酵素ジュースだけを飲むようにし、次の日は、消化のいいおかゆなどを食べるようにし、胃腸の働きをゆっくり回復させます。プチ断食中は固形物を摂らないので、消化器官を丸一日ゆっくり休ませることができ、体内の老廃物もすっかり排出します。そして、酵素ジュースを摂ることで代謝機能が底上げされますし、胃も小さくできるので、なにかとお得な方法となっています。

美甘麗茶でダイエット

しかし、万が一体調を崩すようなことがあればすぐに中止した方が良いでしょう。口コミなどでよく聞かれる酵素ダイエット方法としては、食事を丸ごと酵素ドリンクに置き換えて、三日間くらいよくいわれるプチ断食をするのが、よく取り上げられていますね。酵素ドリンクと水だけ飲んでいくので、大幅なカロリーオフになりますし、食事によって疲れていた胃腸が機能回復し、便秘解消にもつながります。基礎代謝もあがるとされます。回復食は指示を守って食べましょう。でないとせっかくの断食が無駄になってしまいます。酵素ダイエットをしている方の中には、吐き気といった症状が体にあらわれる場合があります。身体に溜まっていた毒素を体から外へと排出するために起きる好転反応であることが多いそうです。でも我慢できない程のつらさがあるのならダイエットを中止しましょう。身体がドリンクの原材料にアレルギーを起こしている可能性もありますし、手作りの酵素ドリンクを使用している場合には雑菌がドリンクに繁殖してしまったのかもしれません。お店に行くことをせずに、「飲む」酵素の商品をお買い上げになり、酵素を摂取するだけで痩せる!といった簡単なダイエットを試してみる方も多くいらっしゃいます。通販を利用したお買い物のメリットのひとつに、その手軽さがあります。自分の本当に欲しいものを、堂々と購入できます。通販サイトといっても全く同じというわけではなく、送料を無料にしてくれる場合もあるのですが、酵素関連の商品を置いている通販サイトは数多くあるので、自分の目だけでなく周りの声も聞きながら利用する通販サイトは「なんでもよ」くはありません!酵素入りドリンクの選び方については、原材料と製法についてもよく把握するということが大事です。